松田 佳央里(まつだ かおり)

2014年新規採用。5歳児クラス担当

  

当法人に入社したきっかけ

園見学してみて、子ども達が遊びを楽しめる環境が整っている点に魅力を感じ面接を受けました。

保育教諭の魅力・やりがいについて

保育教諭は子どもの命を預かるとても責任のある仕事です。その分子ども達の成長をより身近で見ることができます。子どもの声を聞きながらクラスで起こった出来事をみんなで考え解決したり、行ってみたいことをみんなで意見を出して決め取り入れたりすることで、子ども達が自分で考え行動する力がついてきていると感じます。

子ども達の心の成長が見えた時、とても嬉しくやりがいを感じます。

保育教諭1年目を振り返ってみてどんな感じだったか

とにかく分からないことが多く、日々先輩職員から教えていただいた事を必死に覚えようとしました。先輩職員からだけでなく、子ども達からも学ぶことが多かったです。

入職後、保育教諭のイメージに変化はあったか

子どもの成長を見ることが楽しいというイメージはありましたが、子どもと関わること以外の仕事(清掃や書類・掲示物の作成等)も多く大変だと思う時があります。
保育はチームで行っているので、職員同士でコミュニケーションをとり連携して仕事を行うことの大切さを感じています。

就職を希望する方へメッセージ

保育教諭は子どもと一緒に成長できる場です。たくさんの魅力・やりがいのある仕事です。

就職活動は大変だと思いますが、一緒に働きましょう!

川辺 洋子(かわべ ようこ)

2004年入職、中途採用。0歳児クラス担当

当法人に入社したきっかけ

園見学の際に、子ども達が遊びを自由に選択できる環境を整え、子ども主体の活動を常に考え取り入れている点に魅力を感じました。園長先生から保育に対する考えを聞き入社を決めました。

子育てと仕事の両立について

第1子を妊娠した際、つわりがひどく仕事を行うことが困難な時期がありました。園長先生に相談し体調が良くなるまで休職しました。また、勤務時間についても調整していただきました。子どもの具合が悪くなったりした場合でも早退させていただいたりと職員のことを理解してくれる環境があることは働く上で助かっています。

園内・園外研修制度について

園では職員が研修に参加する機会が多く、日々保育が進化していく中で、私たち保育者も情報を得て子どもとの関わりに活かしています。

研修で学んだことは、ミーティングで報告し職員間で情報の共有を行っています。

法人全体でも講師を招き園内研修を実施しております。

今後の目標

私の場合、共働きのため家族の協力がなければ子育てと仕事の両立は難しいです。園では家庭の状況に応じた働き方を提案していただけるので安心して仕事に取り組めます。

結婚、出産に伴い職員の働き方も変わると思います。

初めての子育てに悩んだりする保護者の方に寄り添いサポートしていきます。お母さん達が元気で明るく過ごせるように努めていきます。

就職を希望する方へメッセージ

社会人としてあるいは、父親・母親として働く事になった時、仕事・育児は生活していく上で大きなウエイトを占めていると思います。それを両立できる環境がこの園にあります。是非一緒に働いてみませんか。

吉田 瑞栄(よしだ みずは)

2009年入職、中途採用。3歳以上児フリー担当

保育教諭を目指したきっかけ

高校生の時、保育園にボランティアで行った事がきっかけです。ボランティアを経験し子ども達の成長を一緒に喜べる保育士に魅力を感じました。

保育教諭としてやりがいを感じることは

子ども達の成長に立ち会えることです。言葉を話したり、ひとりでできることが増えたりするととても嬉しくなります。また、保護者から「先生に会えて良かった」等の言葉をかけていただいた時はこの仕事を頑張って良かったと実感します。

子育てと仕事の両立について

園では子どもの成長に合わせた働き方を提案してくれます。新型コロナウイルスの影響で小学校が休校になった際、園長先生に相談し 仕事を休ませてもらい家で子どもを見ることができました。

学校行事や子どもの具合が悪くなった時なども、休みをいただくことができる点はとても助かっています。
産休・育休後、職場に復帰しやすい環境が整備されている点でも安心して働けると思います。

就職を希望する方へメッセージ

保育は子どもの成長をそばで見守る事が出来るとてもやりがいのある仕事です。
子ども達の笑顔のために一緒に頑張りましょう!

保坂 星太(ほさか じょうた)

2018年新規採用。2歳児クラス担当

保坂星太さん

入社のきっかけ、この園に入社を決めた理由

学生の時にこうほく風の遊育舎で実習をさせていただきました。異年齢保育ということで壁での仕切りがなく年齢に関係なくのびのびと遊んでいる姿が見られました。その環境の中で一緒に遊びながら子どもたちの成長を楽しみたいと思い入社することを決めました。

現在の仕事内容

  • 子どもたちが興味を持って思い切り遊びを楽しめるように遊びの準備をしたり一緒に遊んだりする。
  • 遊んでいる子どもに危険やトラブルがないか見守る。
  • 子どもたちの過ごす場所の環境の構成。
  • トイレや保育室など生活の場の清掃。
  • 書類(月案、個別、おたよりなど)の作成。など

保育教諭の魅力、やりがいを感じる場面

子どもの成長が実感できた時です。ひとりで排泄ができるようになったり、お友達におもちゃを貸してあげる事ができるようになったりなどその他にも様々な場面で成長を感じることができます。

学生の時と入社後の保育教諭のイメージに変化はあったか

学生の時の実習とは違い、担任になることで責任が重大であると感じました。担任の責任というのは授業などで話を聞いてはいたのですが、実際にその立場にならなければ実感するのは難しかったです。子どもたちの命を預かっている仕事なので細心の注意を払って見守っていきたいです。

保育教諭1年目はどんな感じだったか

はじめのうちは分からないことだらけだったので、子どもたちとのかかわり方や一日の流れ等を覚えて仕事に慣れるまで大変でした。その中で回りの先輩たちが丁寧に様々なことを教えてくださったのでそれを生かせるように一生懸命頑張りました。

男性保育士部会の活動内容

  • 依頼があった園への出前保育(野菜レンジャー、手遊び、歌、手品など)
  • 出前保育に向けた練習、打ち合わせ。
  • 出前保育で使用する道具の作成、補修。
  • 外部からの講師を呼んだ研修。など

辻嶋 佐季子(つじしま さきこ)

2020年中途採用。3歳児クラス担当

辻嶋佐季子さん

入社のきっかけ、この園に決めた理由

以前在職していた園は、未満児のみ在園しており0~3歳までの成長の様子を見ていました。在職して3年目になり以上児の成長に携わっていきたいと思っていました。0~3歳までの成長をみながらも以上児の保育に携わることが出来る異年齢保育を行っている風の遊育舎があることを知りました。面接の際に理事長先生から園についてのお話を聞いた際に子どもたちが就学前に様々な体験をしていることに大変驚きました。風の遊育舎で保育に携わり子どもたちと一緒にたくさんの体験をしていく中で自分自身も成長していきたいと思い入社を決めました。

現在の仕事内容

3歳児ゆめ組を担任させてもらっています。日中は、トイレトレーニング中の子どもたちへの声掛けをしたり、活動中にトラブルになっている子どもたちの仲立ちをしたりしています。昼食前はトイレに行く、手を洗う、昼食の準備をすることを知らせ、困っている子に声をかけたり、スムーズにできている子に声をかけたりしています。

普段保育で心掛けていること

子どもたちの目線に立ち同じ目の高さになり笑顔で話すようにしています。また、小さなことでも子どもたちが何かをできるようになったときはおおいに褒めハイタッチをするようにしています。

子どもの気持ちに寄り添い、声をかけたり抱きしめたり話を聞いたり、思いを受け止められるよう心掛けています。

保育教諭の魅力

1番の魅力は大好きな子どもたちと一緒に過ごし、0歳~5歳までの子どもの成長を1番近くで見ることが出来ることだと私は思います。仕事を頑張っている保護者に代わって子どもたちが起きているほとんどの時間を共に過ごしています。ハイハイができるようになった、歩けるようになった、お話が上手になった、トイレで排泄ができるようになったなど様々な「できるようになった」を近くで見て一緒に喜べる職業は本当に素敵な職業だと思います。

職場の雰囲気は

先輩後輩関係なく全員が保育について考えどうしたらより良い環境になるか考え意見を出し合っている様子が見られ雰囲気は良いと思いました。入社して2カ月が経とうとしていますが不慣れなことも多く現場の先生たちにはいつも助けられています。分からないことがあったり良いアイディアが浮かばない時は親身になって考えてもらい感謝の気持ちでいっぱいです。