• リンク
  • ヘーベルハウス「プラス・わん」「プラス・にゃん」
  • へーベルハウス
    「プラス・わん」「プラス・にゃん」
  • 総合ペットショップ PET FOREST
  • 総合ペットショップ
    PET FOREST

コンセプト

癒育園とは...癒育園内
  イヌの心を癒し、イヌの意識が健やかに育まれるように考えられたイヌのための施設です。【幼稚園でもあり宿泊施設でもある】【学校でもあり児童館でもある】【病院ではないのに診療内科にも似ている】そんな全ての要素を持つ、世界初のイヌの施設のために作られた造語です。

癒育園には...
  家庭の居間と同じような部屋がガラス張りで作られています。その部屋には定期的にイヌを連れてきていただくだけで、イヌがずっと飼いやすくなる秘密が隠されています。飼い主のもとを離れたイヌ達がその部屋をどう使うか、ご自身の目で見てみてください。

癒育園では...
  イヌのために一般家庭での日常を再現するように努めています。そのため癒育士が園内で食事をしたり、テレビを見たり、お菓子をテーブルの上に置きっぱなしにしたり、掃除をしたりしている姿をご覧になる機会も多いと思います。ですが、それは、イヌにさまざまな経験をさせるための課程として行われているという事をご理解ください。

具体的には...
1.イヌにイヌ友達をつくります。
  家族の一員として家庭内で暮らすためにもイヌの友達は不可欠ですが、ヒトがイヌに友達作りを強要する事は、イヌに恐怖心や闘争心を引き起こさせる原因になる事があります。癒育園では、そのイヌの性格・気質を見極めた上、少しづつ他のイヌに慣らす事から始めています。

2.排泄の場所を認識させます。
  既に、トレーニングが終了しているイヌにはより強化するために、まだトレーニングが終了していないイヌや、排泄のしつけがうまくできないイヌは癒育園で教え直します。
園でのトレーニング方法は、世界に類を見ない全く新しい方法で、「イヌにトイレを探させる」事を教えます。ですから、園でできるようになったイヌはおうちでもいつの間にかできるようになり、どこかへ連れて行ってもペットシーツを1枚広げたら、そこで排泄してくれるようになります。

3.見知らぬヒトやイヌとの対応の仕方を教えます。
  園内学習を経て店内学習や屋外学習を行います。店内学習では、屋内であるという認識をさせると同時に買い物中のヒトやイヌとの挨拶の仕方、屋外学習では、よりさまざまな状況での対応の仕方を経験することがとても大切です。

4.ゲージを使い、生活にメリハリをつけます。
  イヌに「ゲージは自分の部屋」という認識をしてもらえれば、分離不安やその他多くの問題行動に対処することができます。

5.癒育園には、家庭と同じような居間が作られています。
  一般家庭を再現することで、家庭内で起こりうるイタズラなどの問題をイヌが起こしやすい状態にしています。そのため癒育士が園内で食事をしたり、テレビを見たり、お菓子をテーブルの上に置いたままにしたり、掃除をしたりしている姿をご覧になる機会が多いと思います。それは、イヌにさまざまなことを経験させるための課程として行われていることをご理解ください。

6.音に対する反応をやわらげます。
  インターホンの音に反応して吠えるイヌが多いという現状に対処するため、店内にはインターホンのスイッチとなりうるリモコンが取り付けられています。音は、園内で鳴るように設定されていますので、押していただくたびにイヌは学習の機会を得ることになります。

7.甘噛みや咬み問題は、ヒトの発想を変えて対処します。
  乳歯から永久歯への生え変わりのときは、特に家具やスリッパなどをかじりたがります。このときこそがイヌに歯磨き効果をもたらす物へ興味を植え付ける絶好のチャンスです。

8.食事や散歩などの時間を気にせず外出できることで、飼い主さまの負担を軽減します。
  イヌの食事や散歩の時間と外出時間が重なっても心配いりません。また、イヌのイタズラやトイレの失敗による帰宅時の不快感から開放されます。

※イヌによって通園目的の違いがありますが、癒育園での過ごし方に大きな違いはありません。イヌの性格・状態・お友達の数などによって、1日の過ごし方や学習濃度に違いがあるため、全てのイヌに同じ効果が見られる訳ではありません。学習効果は、個々のイヌの状態やレベルで変化することをご承知おきください。

癒育園での過ごし方例
ご利用時間帯と料金

ご利用時間帯料金
通常10:00〜20:003,150円
早登降09:00〜10:001,050円
遅登降20:00〜21:001,050円
夜間宿泊20:00〜10:002,100円

◆ご利用例
1泊2日の場合
 通常+夜間宿泊+通常=8,400円
2泊2日の場合
 通常×3+夜間宿泊×2=13,650円

入園犬の場合、09:00〜20:00の時間帯は月謝枠でご利用いただけます。
  入園料  52,500円
  月  謝  39,900円
夜間宿泊

宿泊をする場合、イヌの状態を一番に考え、より快適に過ごしてもらうために、夜間は園と同じように設備の整った園長宅に移動する事を基本にしています。但し、イヌの宿泊頭数が一定数を超え移動が不可能な場合は、癒育士が園内に直接泊まり込んでお世話をさせていたき、無人状態を作らないよう努めています。

アクセス
〒295-0011
神奈川県横浜市
  青葉区あざみ野1-25-3
Tel.045-905-2101
Copyright (C) 2007 BOFBOF All Rights Reserved.